私信 v3.2.0rc2 > v3.2.0 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

DBサーバに接続

DBバックアップ
pg_dump -Fc sishin_db > /home/mastodon/backup_20200727.dump

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.2.0rc2 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.2.0

bundle install
yarn install
--------------------
変わらなかった。(v3.2.0rc1で行っているので)
--------------------

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate
--------------------
なんかエラーが出ましたが、これは v3.2.0rc1 で行ったからと思いたい
-------------------

私信 v3.2.0rc1 > v3.2.0rc2 アップデートメモ 

私信 v3.2.0rc1 > v3.2.0rc2 アップデートメモ

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

DBサーバに接続

DBバックアップ

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.2.0rc1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.2.0rc2

bundle install
yarn install

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate
--------------------
なんかエラーが出ましたが、これは v3.2.0rc1 で行ったからと思いたい

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

v3.1.4 > v3.1.5 アップデートメモ 


リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

停止
sudo systemctl stop mastodon-*

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.1.4 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.1.5

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

プロセス起動
sudo systemctl start mastodon-sidekiq
sudo systemctl start mastodon-streaming
sudo systemctl start mastodon-web

v3.1.1 > v3.1.2 アップデートメモ 


v3.1.1 > v3.1.2 アップデートメモ

事前にapt upgradeを行う

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.1.1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.1.2

bundle install

yarn install

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

アセット構築
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

Mastodonプロセス再起動

以上

v3.1.0rc2 > v3.1.1 アップデートメモ 

事前にapt upgradeを行う

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.1.0rc2 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.1.1

bundle install

yarn install

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

アセット構築
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

Mastodonプロセス再起動

以上

v3.0.1 > v3.1.0rc2 アップデートメモ 

yarn install

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

アセット構築
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

Mastodonプロセス起動

以上

スレッドを表示

v3.0.1 > v3.1.0rc2 アップデートメモ 

Please check your Rails app for 'config.i18n.fallbacks = true'.
If you're using I18n (>= 1.1.0) and Rails (< 5.2.2), this should be
'config.i18n.fallbacks = [I18n.default_locale]'.
If not, fallbacks will be broken in your app by I18n 1.1.x.

If you are starting a NEW Rails application, you can ignore this notice.

For more info see:
github.com/svenfuchs/i18n/rele

まあいいでしょこれ

スレッドを表示

v3.0.1 > v3.1.0rc2 アップデートメモ 

bundle install
--------------------
Post-install message from i18n:

HEADS UP! i18n 1.1 changed fallbacks to exclude default locale.
But that may break your application.

If you are upgrading your Rails application from an older version of Rails:

スレッドを表示

v3.0.1 > v3.1.0rc2 アップデートメモ 

cd live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.0.1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.1.0rc2

スレッドを表示

v3.0.1 > v3.1.0rc2 アップデートメモ 


事前にapt upgradeを行う

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

DBサーバに接続

バックアップする
pg_dump -Fc sishin_db > /home/mastodon/backup_20200204.dump

ついでにnodejsの更新が怖いのでVPS機能で本体もバックアップ

起動後、systemctl stop mastodon でプロセスを停止させる
(シャットダウン前に disable しとけという感じもしますが)

nodejs 更新(なんかnodesourceのコマンドとreleasenoteに書いているコマンドが違いますよね。v12を入れたかったのでnodesourceのほうで行います。)
curl -sL deb.nodesource.com/setup_12.x | sudo -E bash -
sudo apt install nodejs

v3.0.0 > v3.0.1 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

DBサーバに接続

バックアップする

cd ../live

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.0.0 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.0.1

bundle install
-------------------
yarn install
-------------------

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

アセット構築
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

Mastodonプロセス再起動

以上

v3.0.0rc1 > v3.0.0rc2 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

DBサーバに接続

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v3.0.0rc1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v3.0.0rc2

bundle install
yarn install

展開前のDB移行
SKIP_POST_DEPLOYMENT_MIGRATIONS=true RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

私信用変更を戻す
github.com/unipst/mastodon/com

アセット構築
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

Mastodonプロセス再起動

キャッシュクリア
RAILS_ENV=production bin/tootctl cache clear

v2.9.2 > v2.9.3 アップデートメモ 

If you were relying on Puma and Node binding to 0.0.0.0 by default for your setup, adjust your configuration by using the BIND=0.0.0.0 environment variable
がわからんけど気にせずやった

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.9.2 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.3

私信用にrubyバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

bundle install

私信用変更を戻す

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

v2.9.1 > v2.9.2 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.9.1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.2

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

私信用変更を戻す

アセットプリコンパイルRAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

プロセス再起動
sudo systemctl restart mastodon-*

v2.9.0 > v2.9.1 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする
pg_dump -Fc mastodon_production > /home/mastodon/backup_20190622.dump

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.9.0 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.1

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

bundle install
yarn install

私信用変更を戻す

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

v2.9.0rc2 > v2.9.0 アップデートメモ 


リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.9.0rc2 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.0

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

bundle install
yarn install

※この2つはたぶん rc1 でやっていたので変更がなかった

私信用変更を戻す

RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate
※たぶん rc1 でやっていたので変更がなかった

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

RAILS_ENV=production bin/tootctl cache clear

v2.9.0rc1 > v2.9.0rc2 アップデートメモ 


リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.9.0rc1 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.0rc2

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

私信用変更を戻す

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

v2.8.4 > v2.9.0rc1 アップデートメモ 

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

バックアップする

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.8.4 .

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン決める
git checkout v2.9.0rc1

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

bundle install

yarn install

私信用変更を戻す

RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

mastodon 再起動
sudo systemctl restart mastodon-*

キャッシュクリア
RAILS_ENV=production bin/tootctl cache clear

v2.8.3 > v2.8.4 アップデートメモ 

DBバックアップ

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.8.3 .

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン指定
git checkout v2.8.4

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

私信用変更を戻す

アセットプリコンパイル
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

v2.8.2 > v2.8.3 アップデートメモ 

DBバックアップ

私信用の変更を消し去る
git checkout v2.8.2 .

リリース情報確認
github.com/tootsuite/mastodon/

Mastodon アップデート
git fetch

バージョン指定
git checkout v2.8.3

私信用にrubyのバージョンを2.6.2に
rbenv local 2.6.2

私信用変更を戻す

DBマイグレーション
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate

アセットプリコンパイル
RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

sudo systemctl restart mastodon-*

もっと見る

私信は9月27日で停止します によるおすすめ:

私信

私信をやりとりするMastodonインスタンスです。